こころとからだを強くする。親子スキンタッチ。[親子スキンタッチ会 公式HP]

スキンタッチQ&A

  • HOME »
  • スキンタッチQ&A

Q.スキンタッチって何?

A.スキンタッチは、ご家庭で出来る『子供のツボ健康法』です。

スキンタッチは皮膚をなでたり、さする軽い刺激の健康法です。お子さんの健康管理・健康増進を目的に、古来から行われている『小児はり』を現代風にアレンジしました。ご家庭でも手軽にできるように、身近にある、スプーン・歯ブラシ・ドライヤーを利用します。

Q.なぜ効くの?

A.ツボの刺激効果で、“こころ”と“からだ”を整えます。

人の身体には、300以上のツボがあります。東洋医学では、ツボは一つ一つが脳や内臓につながっていると考えます。ツボを刺激することにより、脳や内臓の働きを良くし、精神的・肉体的発育を促進します。

A.リラックス効果があります。

身体の表面を軽く刺激することで血流が良くなり、お風呂上りのように全身がリラックスします。リラックスすれば、交感神経と副交感神経のバランスが整い自律神経が安定します。

Q.何に効くの?

A.小児の慢性疾患に効果が期待できます。

かん虫・中耳炎・喘息・アトピー性皮膚炎・夜尿症・便秘・食欲不振など、小児の慢性疾患全般に効果が期待できます。まずは、専門医に診ていただくことが大切ですが、普段からご家庭でスキンタッチをすることで、治療効果が数倍あがります。

これらの中で、特にスキンタッチが得意なのは、『かん虫』です。

*38度以上の発熱・ひきつけ時・骨折・脱水症などの時は、速やかに専門医を受診してください。

Q.『かん虫』って何?

A.子供の成長過程でおこる、『むずがり症状』です。

夜泣き、乳吐き、不機嫌(キイキイ言う)、奇声、夜驚、噛み付くなど、いわゆる小児神経症のことです。

子供はすべての器官が未発達で発育の途中で、自律神経も安定していません。そして、心も白紙の状態で、生活環境に敏感に反応します。不安定な生活環境や、自律神経のコントロールが不十分な時に『かん虫』はおこります。

ただし、これは発育の段階で、大なり小なりどのお子さんにも起こることで、『うちの子は・・・。』と悲観することはありません。むしろ、むずがりやすいお子さんは、デリケートな反面、頭が良い傾向なので、才能を引き出してあげると将来が有望です。

『かん虫』特有の症状 -こんな時にはスキンタッチ-

  • 目の白玉が青い
  • 鼻の下が赤い
  • 顔色が白い
  • 表情がこわばっている
  • 寝つきが悪い
  • 眉間に青筋
  • 頭の毛が立っている
  • 食欲がない
  • 目を開けて寝る
PAGETOP
Copyright © 日本スキンタッチ協議会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.